子どもの成長

2歳~3歳の言い間違い言葉!可愛すぎてほっこり

2019-12-08

とし

こんにちは。二児のパパとしです。

みなさんのお子さんは間違えて覚えて話している言葉はありすか?おそらく3歳くらいまではそういう可愛い姿をみることがあるのではないでしょうか?

僕の娘も間もなく3歳半になります。2020年5月現在で3歳11ヶ月になりました!

話す言葉もかなり増えてきて一丁前に難しい言葉を使ったりしています。

「久しぶりだね〜」とか「珍しいね〜」とか意味も使い方も間違えてないので感心している今日この頃です。

特に難しい言葉は教えていないのに、いつの間に覚えたんだろう?と思う今日この頃です。

娘は保育園に通っているので園での環境、家庭での環境で自然と覚えて身につけているのでしょうね。

子どもって学習能力が凄いというか、新しいことを吸収するのが早いんですよね!

しかし、それでもまだまだ間違えて覚えている言葉も多く、それを聞くのがまた可愛いんです(笑)

本当親バカです。(笑)

ということで、この記事ではそんな子どもが間違えて使っている言い間違えの言葉を、あまりの可愛さからまとめてみちゃいました(笑)

この記事を読むポイント!

✅あなたのお子さんも似たような表現あるかも?

これから使うかもしれない間違い言葉あるかも?

見ていて間違い言葉がただただ可愛い

このあたりに着目してお読みいただくとより楽しめると思います。

あなたのお子さんと重なる同じ言葉の間違いはいくつあるでしょうか?

※あくまでも我が子の言葉を元に書いています。

①. 2歳の言い間違い言葉

f:id:toshi-taikenblog:20191117121712j:plain

・たかね → さかな

 最初何のこと言っているのかわかりませんでしたが、後に魚を指差して言っていたので判明しました。

・ななな → バナナ

 バナナをよく食べていてスーパーなどて見かけると「ななな食べたい」とよく買わされました。

「ななな」可愛くないですか?(笑)

・はんだーぐ → ハンバーグ

 ご飯ででると「はんだーぐだぁ」と喜んで食べていました。

・もういいまっ →  もういいよ

 これはお風呂で10数えてでようって時に数え終わって「もういいか〜い?」って聞いたら返事は「もういいまっ」

・はなちこ → 鼻くそ

 鼻に指を入れ「はなちこいっぱ〜い」と言って教えてくれました。

・かみごけ → 髪の毛

 お風呂あがりに「かみごけ乾かさないとー」って言ってよく寄ってきました。

・くうま →   車

 女の子ですが車が好きで走っている車をみて「くうま」と言って喜んでました。

・ぱんかい → 乾杯

 これもホームパーティーで初めて乾杯してからよく言うようになり日常の食事でも「パパ、ぱんか〜い」と言ってコップをあててきましたね。

・ぱーぴー → パーティー

 上の続き。お菓子ぱーぴーが好きな娘です。

・よん → 本

 2文字でも間違える(笑)寝る前に「えよん読んで」とよく言われてました。

②. 2歳〜3歳 現在進行中の言い間違い言葉

f:id:toshi-taikenblog:20191117121954j:plain

・どらえもの → ドラえもん

 歌でも「どらえもの〜そのポケットで夢を叶えて〜♫と歌っています。

・こーんちゃん → コーン茶

 最近好きでよく「こーんちゃん飲みたい」と言います。

・こいざらす → トイザラス

 おもちゃ屋さん大好きです。

・あんばんまんみゅーじあ → アンパンマンミュージアム

 長すぎるのでしょうかね?惜しい!あと一文字。

・すいいんぐ → スイミング

 最近通っているスイミングをこう呼んでいます。

・はなばっか → はなかっぱ

 毎朝観てます。はなばっか。

・にしやつま → 西松屋

 よく行くお店にしやつま!

・おべこ → おでこ

 「おべこ虫にさされたぁ!だって」(笑)

・どくたーえろ → ドクターイエロー

黄色い新幹線のこと!エロい医者ではありません(笑)

・れでぃー・ごん → レディー・ゴー

とし

準備はいい?レディー・・・

みーちゃん

ゴン!

・ぷりんせちゅ → プリンセス

ディズニープリンセチュが大好きです。

・ゲロゲロゲー → ゲゲゲの鬼太郎

「これ怖いよー。ゲロゲロゲー!」と教えてくれました(笑)

・ミヨコン → リモコン

みーちゃん

テレビつけたい。ミヨコンどこ〜?

・おじゃまたくし → おたまじゃくし

先日、水辺のある公園に行った時のこと。「あっ、おじゃまたくしいたー!」

③. 間違えていても無理に直そうとしないこと!

ご覧の通り、子どもって未知の言葉がたくさんあるため、言い間違える言葉も多いです。

でもこれって経験上、親が無理やり正しい言葉を教えようとしてもなかなか直らないんです。だって子どもはそれが正しいと思って話ているのですから!

無理に直そうとしても、2歳〜3歳の子どもは整理がうまくつけられず、かえって混乱させてしまいます。一生懸命に自分で覚えた言葉を使って学習している年齢ですから無理に直そうとしないほうが良いです!

不思議なことにいつの間にか自然と正しい言葉に直っていたりするんです。きっと普段の生活の中で日常的に出てくる正しい言葉を聞いて、間違いに気づき修正していくのでしょう!

それでも間違えた言葉を長いこと使っている場合は、間違いを教えたことに対して理解して直せる年齢になってからでも遅くありません。

目安は幼稚園入園前くらいだと考えます。この頃には理解力も備わってきていますし、この年齢での集団生活において間違えて使っていては困ることも多いかと思います。

娘は現在も、間違えた名前で覚えた言葉を進行形で使っていますが、これも自然と直っていくことでしょう。まぁ最近は可愛いので黙って微笑んで聞いていますが(笑)

④. まとめ

いかがでしたか?まだまだ思い出せないけど他にもたくさんあったと思います。

言い方は違っても同じものに対してその子特有の可愛い間違いをしているお子さんもいるのではないでしょうか?

こうやって改めて書き並べてみても実に可愛らしいと思いませんか?

またあなたの「うちの子はこんなふうに言ってました」というものがあればコメントしていただけたら嬉しいです。(^^)

現在親の立場の私たちも、きっと子どもの頃はこういう間違えた言葉を使っていたことでしょう!!覚えている人はほとんどいないと思いますが・・・。

でも前述した内容を繰り返すようですが、人って不思議なものでいつの間にか自然と正しい言葉を身につけて使うようになっているんですよね!

もちろん親や大人に教えてもらって間違いに気づき直すお子さんもいるでしょう。

でも子どもは、今それが正しいと思って使っているので正しい言葉を教えても混乱してすぐには直らないのではと思います。

現に我が子がそうで、私たち親が特に指摘しなくても2歳の時言っていた言葉が3歳になった今は自然と正しく直っています。

おそらく日常生活で何度も正しい言葉を聞いているうちに、自分が話している言葉との違いに自ら気づき自ら直しているのだと思います。

本当に子どもの学習能力には感心してしまいます!!

私自身まだまだ親として、また大人として未熟な面も多々ありますが、育児に奮闘し子どもの成長を見届けていきたいと思っております。

以上、我が子の間違えて覚えている言葉集でした。

ここまでお読みいただきありがとうございます。(^^)

  • この記事を書いた人

とし

【ニックネーム:とし】 年下の彼女と年の差恋愛を経て2013年に結婚!! 娘と息子が産まれ4人家族に! 年の差:8歳 お付き合い期間:8年 夫婦生活:8年目 サプライズ計画のプロポーズで見事大成功経験あり⇒周囲の女性からも大絶賛の声。 妻と入念な準備から大満足な結婚式を挙げる。 【執筆内容】 ・年の差恋愛を円満にする方法 ・成功率アップのプロポーズ方法 ・年の差夫婦が幸せに送る家庭生活術 ・父親の上手な育児のポイント

-子どもの成長
-

© 2021 幸せLife Powered by AFFINGER5