あるあるネタ

ドラゴンボールあるある!原作編と子供の遊び編

2020-03-18

とし
こんにちは、としです!

皆さんはアニメやコミックはよく読みますか?
僕は子どもの頃、アニメやコミックをたくさん見ました!

その中でも僕の1番の思い出のアニメはドラゴンボールです!!それはもうセリフを覚えてしまうほどたくさん読みまくりましたね。(笑)

同世代の子どもたちはドラゴンボールに夢中で、1990年代は社会現象にもなっていた記憶があります!

 

そんなみんなが大好きだったドラゴンボールですから、きっとみんなが思っている「あるある」もあるはずです!

そこで僕が勝手に「これは皆んな思っていそうだな」と思うことを挙げてみました(笑)「あるある!!」と共感してもらえるでしょうか!?

 

ではさっそくいきましょう!

ドラゴンボールあるある【原作編】

毎度うまい具合に悟空より少し強いボスが出てくる

宇宙にはもっと強い奴が存在しているのに、いつも同じくらいのレベルの敵と遭遇する。まぁそうしないとストーリーが成立しないけど(笑)

シェンロンの願いで願い事を増やしてもらえばいいと思ってしまう

いっそのこと願い事を100コとかにしてもらえばいいのに(笑)

一般人の顔の手抜きさ

天下一武道会の観客とか皆んな同じに見える。

地球襲来のベジータが「オレが宇宙最強だー!」と言っている!?

この頃のベジータも普通にフリーザの存在とか知ってたよね。

フリーザも「オレが宇宙最強だー!」と言っている!?

クウラとかコルド大王とかいるよね(笑)

フリーザが「ギニュー隊長より強いヤツなんて初めてだよ」と言っていたが・・・

オマエの知ってるヤツでももっといっぱいいるだろー!

死んでもすぐ生き返る

結局生き返るから死んでも悲しい感情が出ない。

エネルギー波打って笑みを浮かべる時は大抵負ける

「へっへっへっ」→「バカな!」みたいなパターン。

カカロットって名前がちょっとダサい

主人公なんだからもう少しカッコいい名前をつけてほしかったな。

肝心な時に仙豆がない

重傷の時ほど仙豆がないパターン

ピンチになると絶対どもる

「お、おのれ〜」とか「バ、バカな」とか。

予想外の戦闘力だとスカウターの故障のせいにする

「スカウターの故障か」、、、違うって。

ザコキャラだけどアプールの顔は有名!

クソザコだけどコイツの顔を知らない人はいないのではないか!?

画像引用:ドラゴンボールZ

53万という戦闘力が忘れられない

引用:ドラゴンボール コミック24巻

フリーザの戦闘力を言うシーンはある意味名シーン!

闘いの5分がめっちゃ長い!

ナメック星消滅まで5分から何週にわたり放送された

途中から戦闘力の数値がわからなくなる

ナメック星編が終わった頃から戦闘力の数値があいまいになった。てか強くなりすぎ。

後半の餃子(チャオズ)の戦闘力が気になる!

抜群に弱いのはわかっているが。

ヤムチャが弱いネタキャラになる

引用:ドラゴンボールZ

顔はイケメンなのにやられキャラ。

悟空のナマリがどんどんひどくなる

当初は自分のことを「オラ」と呼ぶくらいでしたが、最近までアニメ放送されていたドラゴンボール超では「大根⇒でいこん」など田舎のおっさんみたいなしゃべり方に悪化。

2. ドラゴンボールあるある【現実の子ども編】

次にドラゴンボール全盛期(1990年代)子どもたちはドラゴンボールに夢中だった頃、みんなドラゴンボールの真似をしたものです!

そこで子どもたちのドラゴンボールの真似あるあるを考えてみたした。

気』を溜めるマネをする

「はぁぁぁー」と、どんなに力んで溜める真似をしても実際の力は全く変わっていない。

子どもたちは「カメハメ波ーーー!」とマネをしたがる

出るわけないけど構えとかマネしたがる。

雲を見ると乗りたくなる

キントウンではないけどね。連想してしまうですよね(笑)

豆をみると仙豆と言う

食べて元気回復するマネ(笑)

カラーセロハンを使ってスカウターのマネをする

友達の戦闘力を勝手に測る。

ウーロン茶を見るとブタを思い出す

エロいブタのウーロン。

闘いごっこで「はぁ」とか「だぁ」とか効果音付き

ドラゴンボールの戦い方をマネする。

修行ごっこをしたがる

完全に影響されてる(笑)

空を飛ぶマネをする

手を前に出すマネだけで実際は足で走る(笑)

なぜかフリーザの口真似をしたがる

「〜さん」とか「ほっほっほっ」とかいって笑う。

一人称が「オラ」という子どもが増えた

特にドラゴンボール全盛期の子どもたちね。

ドラゴンボールのカードダスをやりまくる

キラキラのカードが出るまで夢中で引きまくる!

3. まとめ

どうでしたか?

ドラゴンボール好きなあなたにも共感していただけたのではないでしょうか?

これも「あるあるだ」というものが新たに見つかったら追加していきますのでちょこちょこ見に来ていただけると嬉しいです。

また面白かったら是非、下の”はてなブックマーク”ボタンをポチっと押してもらえると嬉しいです(๑>◡<๑)

お読みいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人

とし

娘と息子の二児の父。4人家族。兼ブロガー!! 主に『家庭・生活』に関する情報をメインに執筆しています。 家事や育児に全力を尽くす家庭第一主義者。 「人の役に立つことをしたい!」という想いから、自らが経験した育児や家事についての体験談や裏技、そして家族(家庭)に関してお得に役立つ情報などを公開しています。 妻は幼稚園の教諭歴11年。子どもへの向き合い方に関してはベテランです。子どもへの接し方、子どもの発達、知育について学んできた経験を自らの育児にも取り入れてます。 妻の教育の知識をもとに、夫婦共々育児に積極的に取り組んでいます。 節約大好き夫婦でもあります(笑)日々の節約術も公開しています。

-あるあるネタ

© 2021 としのEnjoy Life Powered by AFFINGER5