子どもの成長

3歳でもできるようにトランプのルールをアレンジしてみた!その結果は・・・!?

2019-12-05

とし
こんにちは、としです!
この記事では室内遊びについて紹介するよ!!

3歳くらいになると身体能力も上がってきて、遊びに関してもできる事が増えてくる頃かと思います。

2歳くらいまでは砂遊びやおままごとなどあまり身体を動かさない遊びが多いなか、3歳になると公園の遊具や、早い子だと自転車やキックボードなどの遊具を使って身体を動かす遊びが増えてくるでしょう。

しかし、これらの遊びは雨の日になると難しいですよね!

そこでこの記事では僕が思いついた、3歳児でもできる室内で楽しく遊べる新しい遊びを3歳の娘に教えてみました!

室内遊びに困っているパパ・ママさん発見ですよ〜!!

3歳児が楽しめる室内遊び

ずばりそれはトランプです!!

トランプはパパやママと一緒に楽しむことができ、子どもにとっても楽しく遊ぶことができるはずです。またこの頃になると理解力も随分ついてきているので数字の勉強にもなると思いチャレンジしてみました!

とは言ってもまだ3歳。通常のトランプのルールを教えても理解するのが難しいと思い、ルールの軸は変えずに少しわかり易くアレンジしてみました!

トランプの種類が豊富なお店は?

ということでさっそくトランプを買いに行きました。

今回購入したお店は百円均一ショップのDAISOです!

DAISOは他の百均よりもトランプの種類も豊富で可愛いデザインのトランプも揃っていました。

ディズニーキャラクターのデザインも多く揃っていましたよー!

我が子もディズニーキャラクターが好きなので、ミッキー・ミニーとトイストーリーのデザインで悩みましたが一応女の子なのでミッキー・ミニーにしました(笑)

実際に購入したトランプがこちらです。↓↓↓

f:id:toshi-taikenblog:20191125231341j:image

今は百均でもこんな可愛いデザインのトランプが買えるなんて便利な世の中ですね!

では早速我が子とトランプやってみまーす♪( ´θ`)ノ

まずは娘に「トランプ買ってきたからパパとやろう?」と言ったところ「やるー♫」とノリノリでした!まだトランプが何なのかわかっていないはずですが。きっとディズニーデザインが気に入ったのでしょう!

トランプのルールをアレンジしてみた①【神経衰弱】

では初めに3歳児ができそうなトランプゲームということで神経衰弱に挑戦してみました。神経衰弱と言ったって3歳には意味がわからないですよね!?

そこで娘にはルールは同じですが名前を変えて・・・同じ数字を見つけようゲームとして先ずは一回試しに説明しながらやってみました!

初回はグダグダf^_^;

めくった数字と同じものを見つける、というルールは理解したようですが一回間違えたら次の人。というルールは無視して見つかるまでひたすらめくりまくる始末(-_-;)

まぁ初めはこんなものだと想定していたのでそのまま続行!

なんとか終了し、結果は娘の圧勝!!まぁ見つかるまでめくりまくっているので当然ですよね(笑)

でも想像以上に楽しんでくれて「パパもう一回やろー」とやる気満々。

何度かルール無視の神経衰弱を繰り広げた後、ようやく間違えたら次の人というルールを守ってくれるようになり、まともに勝負できるレベルになりました。

子供ができるようになると親としても案外楽しめますよ!

トランプのルールをアレンジしてみた【ババ抜き】

こちらもわかりやすく名前を変えて・・・ミニーちゃん(ババ)を持っている人が負けゲームと称し、いざチャレンジ!

これも一回やりながらルール説明。

持っているカードをお互い引き合うだけなので、神経衰弱よりはスムーズな感じです!

ただちょっと手持ちのカードを扇状に持つのが難しそうかなー(^◇^;)

大好きなミニーちゃんがババになっているからか最後にミニーちゃんだけが残ると「やったー♫」と喜んでいます(笑)本当は負けなのだが・・・。

でもババ抜きも気に入ったようです。なかなかおすすめですよ!

次に挑戦してみたいトランプゲーム

まだやったことはありませんが、次考えているのがカードを裏返しで全て重ね、めくったカードより次のカードは大きいか小さいか当てるゲーム。

ハイアンドローの単純版みたいな感じ。

題して次のカードは大きいか小さいかゲーム(そのまんま)

これも数字の大きさが楽しみながらわかって良い勉強になると思いませんか⁉︎

近々やってみたいと思います!

実際やってみたらこの記事に追記したいと思います!

まとめ

数字が少しづつ読めるようになってきたので勉強しながら遊べると思い始めてみましたが、トランプゲームは意外と楽しめます!

トランプをやるようになってから数字もほぼ読めるようになっており、驚いたのがこの前レストランでタブレットを使って注文したい番号を数字で入力する際、口頭で「532押して!」と言ったらちゃんと間違えずに押していました!!

「6」と「9」をたまに間違えるくらいかなと。似てますもんねっ。(笑)

神経衰弱に関していうと、今では物凄い記憶力とセンスを発揮し勝負してもパパママは相手になりません!

むしろ私たちが悩んでいると「ここだよ!」と教えてくれるほどです(笑)

数年前の私の甥っ子が3歳くらいの時期もそうでしたが、子供って記憶力が半端ないです。

脳が柔軟で一度覚えてしまうとインプット力が凄まじいです!

遠方のお店へ一度行き、しばらく経ってもう一度訪れた時お子さんが「この前ここで◯◯したねー⁉︎」と憶えていたなんて経験が皆さんもありませんか?

「英語は小さいうちに習わせろ」なんてよく聞きますがまさにその通りですね。

遊び感覚で数字を学ばせたい時おすすめです!

是非皆さんもやってみてください。

  • この記事を書いた人

とし

【ニックネーム:とし】 年下の彼女と年の差恋愛を経て2013年に結婚!! 娘と息子が産まれ4人家族に! 年の差:8歳 お付き合い期間:8年 夫婦生活:8年目 サプライズ計画のプロポーズで見事大成功経験あり⇒周囲の女性からも大絶賛の声。 妻と入念な準備から大満足な結婚式を挙げる。 【執筆内容】 ・年の差恋愛を円満にする方法 ・成功率アップのプロポーズ方法 ・年の差夫婦が幸せに送る家庭生活術 ・父親の上手な育児のポイント

-子どもの成長

© 2021 幸せLife Powered by AFFINGER5