育児に関する体験

【3歳の七五三】神社選びは近くが1番!子供の立場で考えよう

3歳の七五三で参拝する神社はどこにするか迷っています。

こんなお悩みの親御さんは多いのではないでしょうか?

この記事では実際に3歳の娘の七五三を経験した僕が参拝するのに1番だと考える神社と、そこを選ぶ根拠について説明したいと思います。

とし
改めましてこんにちは、とし(@toshi_papa34)です!
3歳の娘の七五三は親子共々思い出に残る素敵な経験になりました。

冒頭でも触れましたが、3歳の七五三で参拝する神社選びに悩まれる方は少なくないと思います。

それもそのはず。日本には神社がたくさんありますからね…

ちょっと遠くても超有名な神社がいいのか。それとも七五三に縁のある神社を選ぶべきか。など!

確かに超有名な神社は王道とも言えるので選択肢に入るのは自然なこと。七五三に所縁のある神社もいいですよね。

わかります!その気持ちはわかりますよ。でもちょっと考えてみてください。

七五三の主役は親御さんのあなたではなく、お子さんですよね?

しかもまだ3歳という幼いお子様!

主役が3歳となると考え方は変わってきます。

ということでこの記事では3歳の七五三に適した神社選びについて解説していきます。

「何があっても参拝は有名な神社から選びたい」という方はこの先読んでも意味がないと思うのでここで終わりにしてください^_^;

【1】 神社選びで1番良いのは近くの神社!

とし
結論から言うと3歳の七五三でベストだと言える神社は、近くにある七五三の祈祷を行なっている神社です!

「えっ!?」と思った方も多いかもしれません。でも意外と近くの神社で済ますご家庭も多いのですよ!

我が家もそれこそ徒歩で15分ほどで行ける小さな神社で済ませたのですが、思いのほかたくさんの参拝客(祈祷客)がいて「近場の神社で参拝する人も多いんだなぁ」という印象を受けました。

ザッと見回した感じではやはり3歳くらいのお子さんが多かったように思えます。

でも3歳の七五三を近くの神社で行うのにはちゃんとした理由があります!ただ面倒臭いという理由ではありません!(笑)

その理由とは有名な神社のデメリットが挙げられます。

【2】有名な神社のメリット・デメリットとは?

近くの神社が良いと言っている理由は”3歳”という年齢が大きな理由の一つです!

仮に超有名な神社を想像してみてください。きっと参拝にくる人は大勢いるはず!するとこんな懸念点が生じることでしょう。

有名神社のデメリット

✅人混みの中で歩きづらい
✅子供は疲れてしまう

✅祈祷(参拝)の待ち時間が長い
✅最寄駅や近隣道路の混雑

これによってまだまだ幼さの残る3歳のお子さんは辛抱できなくなる可能性がでてきます!

主役はお子さんなので、あくまでもお子さん目線で考えてみましょう。

せっかくの晴れ舞台なのにお子さんのコンディションが悪くなっては意味がありません!

「我が子は遠くて混雑しても問題ない」というのなら話は別ですが、実際まだ3歳くらいのお子さんって結構グズったりするものです。

それに当日は着物も着ているので普段より余計動きづらいこともありますし…。

お子さんに負担がかかってしまうのは可哀想ではありませんか?

そうなるとやはり遠出は結構大変なんですよね。。

でも有名神社もメリットはもちろんあります。

有名神社のメリット

✅思い出になる
✅七五三をやったという満足度が高い
✅写真映えする
✅人に話すとき自慢できる(笑)

などなど。有名なりに良いことはあります。

しかし、結局これらのメリットって親にとってのメリットであってお子さんは全く興味のない内容なんですよね…

やはりお子さんの立場で考えるとメリットよりデメリットを重視して考えたほうが良いと言えるでしょう。

それに3歳の七五三より5歳、7歳に力を入れるご家庭も結構多いようで、3歳は軽く済ませるといった傾向も多いようですよ。

着物も女の子であれば7歳で正絹のレンタルでしっかり着付け、3歳ではお得に購入できる可愛い着物を購入するのがお得と言えます。

みーちゃん
みーちゃんは3歳の着物はお得で可愛い着物を購入したよ!七五三以外でもたくさん着られるイベントがあっておススメだよー

では次に近くの神社のメリット・デメリットを見ていきましょう。

【3】近くの神社のメリット・デメリット

まずはメリットから。

近くの神社のメリット

✅子供にとって移動距離が短くて済む
✅人が少なくてゆったりと参拝できる
✅ご祈祷の待ち時間が少ない
✅短時間で済ませられる
✅子供が飽きる前に終わらせられる

移動距離も少なく短時間で済ませることができるのが最大のメリットと言えます。

当日は慣れない着物を着ているお子さんは動きづらいと感じることでしょう。それに着物には草履を履くので普段より歩きにくいし、足が痛くなる可能性もあります。

そうなるとお子さんの機嫌は悪くなり、グズって歩かなくなる可能性も…

パパママさん!着物を着たお子さんを抱っこやおんぶできるでしょうか?当日は荷物も多いし大変ですよ。。

近くで済ませられたら、このようなケースは避けられることが多いですよね。

それに近くの神社であれば参拝客も近所の人たちだけの場合が多いので、焦らずゆっくり参拝ができるし、ご祈祷も予約制になることがほとんどなはずなので待ち時間も少なくて済みます。

お子さんが飽きてしまう前に終わらせることが可能です。

では次にデメリットはどんなことが考えられるか見ていきましょう。

近くの神社のデメリット

✅人に話しても神社名が知られていない
✅ご祈祷が地味
✅写真映えはそこそこ
✅近場すぎて物足りない?

などが挙げられます。

特にご祈祷に関しては神社や規模にもよりますが、少人数で行うので意外と地味だったりします。時間も短かかったりで少し物足りなさを感じるかも!?

しかし、ご祈祷には変わりありません!内容の問題ではないと思います。重要なのは祈願できたかどうかなのでその辺は特にこだわる所ではないと僕は思います。

これも子供の立場では特にこだわりのないところですよね。ここにこだわるお子さんはいないはず。

親御さんもお子さんの気持ちになって考えれば、これらのデメリットも重要視するところではないと言えるでしょう。

【4】近くの神社のご祈祷で本当に大丈夫?

大丈夫です!!

なぜならご近所の小さな神社であれ、れっきとした巫女さんがいますから。小さくたって由緒正しい歴史があるのです。

確かにご祈祷の規模は有名な神社と比較すると小さいかもしれません。しかし前述でもお伝えした通り祈祷は祈祷です。御祈願の点ではなんの問題もありません。

それに千歳飴もしっかり用意されているので貰うことができる神社も多いです。

ただし、七五三のご祈祷を行っている神社でなければならないので事前に確認しておくと良いでしょう。

また事前予約が必須な場合もあるので予約と同時にご祈祷についてや、いただけるもの(千歳飴など)の確認もしておくと良いでしょう。

しつこいようですが小さな神社だって神社は神社!大切なのは規模の大小ではないのです!

【5】参拝は近くで済ませ、その後の食事会に時間をあてよう

3歳の七五三は幼いお子さんが初めて経験する式です!何かと予想外のハプニングも想定しなければなりません。

とし
遠出して時間を浪費してはお子さんも疲れてしまい集中力がもたなくなっちゃうよ。

式の後はご親族で食事会も予定していることでしょう。お子さんがグズってしまっていては大変です。

それならば参拝は近くの神社で済まし、浮いた時間をその後の食事会に当て、ご機嫌なお子さんと楽しいひと時を過ごしたほうが賢明と言えます。

地元のお店で食事会をするにせよ遠出した神社周辺でするにせよ、遠くの有名な神社で参拝するとお子さんは移動だけで疲れてしまっています。

ご親族との団欒の場に時間を費やしませんか?

【6】『結論』3歳の七五三は近くの神社が1番!!

実際の七五三での写真

これまでお伝えした内容をお読みいただいて、3歳という年齢での七五三はお子さんの状態を優先して考えると近くの神社が1番最適ということがお分かりいただけたと思います。

有名な神社ももちろん良いのですが、それはお子さんの精神面も安定してきている5歳や7歳で行くのでも遅くはありません。

その方が充実した七五三を体験できるはずです。

それに3歳で大きな神社へ参拝しパパママも大変な経験をされると、次の5歳・7歳の七五三では「大きい神社はもういいや。。」なんて気持ちになってしまうかもしれません。

折角よりしっかりした年齢で安定した七五三を体験できるのに、そんな記憶で行くのを躊躇するようになっては勿体ないです。

よって次の七五三の予行練習の意味でも3歳時は近くの神社でまったりと行うのが1番ではないでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m

  • この記事を書いた人

とし

【ニックネーム:とし】 年下の彼女と年の差恋愛を経て2013年に結婚!! 娘と息子が産まれ4人家族に! 年の差:8歳 お付き合い期間:8年 夫婦生活:8年目 サプライズ計画のプロポーズで見事大成功経験あり⇒周囲の女性からも大絶賛の声。 妻と入念な準備から大満足な結婚式を挙げる。 【執筆内容】 ・年の差恋愛を円満にする方法 ・成功率アップのプロポーズ方法 ・年の差夫婦が幸せに送る家庭生活術 ・父親の上手な育児のポイント

-育児に関する体験

© 2021 幸せLife Powered by AFFINGER5